病院でボディピアスを開ける方が良い?

ボディピアスについて。

ボディピアスについて。 ボディピアスとは、耳や口、舌、へそなどの部分につけるピアスのことをいいます。
形状や素材はさまざまで、開ける位置やその位置にあったピアスを使用します。
簡単につけることのできるファッションピアスとは異なり、常に付けたままでいられる素材で作られていることが一般的ですが、ドラッグストアなどで販売されているものはあまり良い金属でできているとはいいがたいため、ピアス専門店やインターネットで購入することをおすすめします。
ボディピアスはさまざまで名称も異なります。
耳の上にある軟骨はアウターコンクと呼び良くピアスをつけれる部分で、耳たぶの上側の軟骨はアンチトラガスと言いピアスをつける人が少ない部分など耳だけでもさまざまな部分につけることができます。
頬にするピアスはチーク、上唇と鼻の間にするものをマドンナなどがあり、舌ピアスは下の真ん中にあけるセンタータンなどが有名です。
ボディピアスをはじめ、ピアスを開ける場合は病院で行なうことをおすすめします。
病院で開けることによって真っ直ぐ穴を開けてもらうことができ、しっかりとしたケアの方法を指導してもらうことができるなどのメリットがあります。
また、アレルギーの起こり難い素材の物を選ぶことが大切です。

ボディピアスをあけるなら専門病院で

初めてボディピアスを開けるときは、自分で開けるよりも専門病院に出向いた方が安全です。
ピアッシングは医療行為ですので、専門の病院で行う方が衛生的ですし、万が一アレルギーなどが出てしまった場合でも、病院であれば処置してもらえるので安心です。
自分でのピアッシングは、細菌感染や金属アレルギー、炎症を起こす危険性もあります。
専門病院であれば、確実にピアスホールを作れますし、アフターケアもしっかりと行ってくれます。
ボディピアスは膿んでしまったり、真っ赤に腫れてしまったり、しこりができたりとトラブルもあります。
消毒をしていても上記のような症状が治まらない場合もありますので、必ず専門病院を受診してください。
ピアッサーを購入した方が安上がりですが、専門病院での料金もさほど高くはありません。
ボディピアスは耳たぶだけではなく、小鼻や唇、おへそ、うなじ、舌、乳頭、性器と様々な部分に開けられます。
粘膜部分は特にデリケートなので、開けたい人は必ずクリニックに行きましょう。
耳たぶは比較的自分でもあけられますが、舌や乳頭、性器は危険です。
消毒の仕方や、日常生活の送り方なども注意しなければならないので、必ずボディピアス専門の病院へ行きましょう。

pickup

大阪 性感

手コキ 風俗

越谷 デリヘル

大阪で風俗を探す

デリヘルを大阪で探す

Last update:2017/6/30