病院でボディピアスを開ける方が良い?

医療行為とボディピアスについて

医療行為とボディピアスについて アクセサリー店などでボディピアスの穴を開ける器具を買うことができるのですが、ボディピアスを開けられるのは病院だけではありません。
専門のスタジオで穴を開けることもできると覚えておきましょう。
経験豊富なスタッフに穴を開けてもらうことになるのですが、難しい部分でも相談に乗ってもらうことができますし、アフターケアについてもアドバイスしてもらえるというメリットが挙げられます。
しかし、このようなスタジオは医療行為としてピアスの穴を開けているわけではなく、インターネット上の口コミなどから店舗を探していく必要があります。
病院では医療行為としてピアスの穴を開けており、局所麻酔をしてからの施術となります。
しかし、病院だからといって必ずしも安全とは言い切れませんし、技術を持ったドクターを見つけることが大切です。
また、器具を使って自身で穴を開ける人もいるのですが、その場合は知識や経験が必要となりますし、消毒などのケアもしっかりと行うようにしましょう。

痛みを伴うボディピアスの穴あけは無痛麻酔で

ボディピアスを付けてみたいけど、穴あけは怖い、または痛そうと思う人が多い中、実際に穴をあけたけど痛みはなかったと言う人も少なからずいるようです。
その人達は、ほとんどが自分で耳たぶに穴をあけたような人で、通っている神経が少ない部位のため、痛みが少なかったと思い込んでいる場合があります。
そのまま人づてに伝わると、知識のない人が真似をして、へそや鼻などの穴あけを無理に行って体を痛めることになるので注意しましょう。
人体に穴をあけることは医療行為となるので、無理に自分でやろうとせず、皮膚科などのクリニックで無痛麻酔を受けて穴あけしてもらった方が、痛みもなく安全に行うことができます。
傷口が化膿するなどのアフターケアも必要になるので、ボディピアスは病院の医師の元で受けることが大切です。
耳たぶであれば痛みも少なく一瞬で終わるので麻酔なしで行うことが多いですが、それでも怖いといった人は希望が有れば無痛麻酔をして穴あけをすることが可能です。

check

Last update:2016/10/3